あれ⁉

気付いたら

2ヵ月半ワープしてました

令和4年初回の投稿です

 

昨日デイルームで入居者さんが歌を歌っていました

普段はほとんど発話もなく、じっと目を閉じてまま過ごされている方が

急に『里の秋』を口ずさんでいます

歌を止めないように

そっと後ろからみんなで様子を伺っていましたが、

しっかりとした音程で声も力強く、3番まで目をつぶったまま滔々と歌っていらっしゃいました

 

改めて歌詞を調べてみたら

『里の秋』は戦争に行った父親の無事を祈る歌なのですね

入居者さんの中には、太平洋戦争で南方へ出征していた方もいます

平和な日常がありがたいなぁ

と思いつつ、

Sさんの伸びやかで、ちょっと切なくなるような歌声がしばらく耳から離れずにいます